転職の情報集めのテクニック集-間違った方法はもうやめましょう!

転職について

皆さんこんにちは!

今回は、転職をする際の正しい情報集めの仕方をご紹介します!

情報が少ない中での転職は不利でしかありません!

実は知識なし/人脈なしでもレベルの高い転職ができるカギは情報収集にあるのです!

私が体験したことをベースに本には書いてない情報収集の仕方を学んでより良い転職活動をしましょう!

1.情報収集の仕方

求人情報はインターネットをフル活用して情報網を広げましょう。

しかしながら、むやみに集めても時間の無駄です。

そうならないためには、以下のポイントを踏まえて考えましょう!


point

1.しっかりとした自己分析を行う

2.現在のスキルを見て、自分を欲してくれる会社も見てみる

3.会社の知名度ばかりに注目しない


自分のやりたいことやスキルを客観的に把握することで、ある程度調べる情報が絞られてきます。

例えば、外資コンサルタントとして働いていて、「英語を使う環境」と「問題解決能力」に強みがあれば、例えばベンチャーの経営企画室などに焦点が行くわけです。

 

 

スキルや経験がそんなないという方は、今後つけなければならないスキルを考えましょう!(オススメはITエンジニア系です。)

今は、スキルを無料でも学べる環境が多くあるのでそれを利用して成長しましょう!

詳しくはこちらから>>>IT業界への転職希望

転職をする際にすごく重要なことは会社の規模にこだわらないことです。

もしそうなら大手に行きたいから転職したいのですか?

大手じゃないとなんでダメなんですか?

結局は大手に入りたいのは、大きく分けて給料の高さと名誉ぐらいじゃないですか。

もしそうなら、転職どころか職に就くことはやめた方がいいです。

転職をするなら、自分の市場価値を高めることだけでなく、自身の性格とスキルをきちんと考慮して会社を決めましょう。

2.登録必須~オススメ情報求人媒体

  1. ハローワーク

これは、全国に540箇所ぐらいある公的な職業紹介機関です。

全国規模なので求人の多さは強みです。

また、退職後に失業給付を受け取るにはハローワークでの求人の申し込みが必要となりますので注意してください!
詳しくはこちらから>>>https://www.hellowork.go.jp/

 

2. 転職サイト(一般)

これは、最近転職する人で登録しない人はいないでしょうってぐらいみんな使っています。

私もほぼ全てのサイトに登録を行っていました。

基本的に利用料が無料で、名前、メールアドレスなど簡単な登録で求人情報を入手できます。

また、スカウト機能というサービスもあり、自身の経歴などを登録しておくとその条件飲んでくれる会社からオファーがきます。

このオファーから面接が始まり内定につながることが多いです。

求人サイトは複数登録することが良いでしょう。求人サイトによって特徴や背負い買いする企業の業種が異なったりしています。

オススメはこちら↓

<大手マイナビが運営している安心サービス>

主に中小企業が中心に紹介案件が多いです。

また、独占紹介が多いので登録しておいて損はないです

詳しくはこちらから>>>首都圏の営業職求人多数。マイナビの人材紹介サービス マイナビエージェント

<DODA>

業界No.2の転職サイトです。

職務経歴書作成や面接対策のサポートが他のサービスより手厚いのが特徴です。

詳しくはこちらから>>>https://doda.jp

<リクルートエージェント>

業界No.1の転職サイトです。

大手リクルートのサービスなので案件の多さと充実したサポートはいうまでもありません。

詳しくはこちらから>>>https://www.r-agent.com

ここで紹介したものは、あくまでも今までスキルがあった人です。

次にない人向けのサービスを見てみましょう!

3.転職サイト(ITスキルを身に付けたい人)

未経験からITエンジニアになるための記事を書いてるのでこちらを参照してください。

>>>https://wp.me/p9JKdv-1p

このように、求人サイトをうまく活用して転職をうまく成功させるような情報をたくさん収集しましょう!

みなさんがより良い転職活動を行えるように応援しています!!!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。