[外資コンサル伝授]RPAとは?現状と今後の展開を小学生でもわかるように詳しく解説してみた

RPAとは、Robotic Process Atomationである

前述の通り、RPAとは、「Robotic Process Automtion 」の略である。

しかし、定義となると、新用語なのでしっかりと定まってはおりません。

 

具体的にいうと、「従来は人間のみが行うことができたと考えられる事務作業を代行するソフトウェア(通称ロボットと呼ばれる)を用いて業務改革を推進する技術」と考えられます。

 

例えば、毎朝、昨日までの営業データをエクセルに打ち込んで集計するといった作業を、RPAちゃんが代わりに作業してくれます。

 

つまり、RPAは、ソフトウェア型のロボット(デジタルレイバー(仮想知的労働者))を中心として、パソコンを操作してアプリケーションを扱う膈兪業務の代行し、ホワイトカラーのデスクワークを効率化・自動化しうるものです。

 

RPAの導入の現状と今後の展望

2018年11月時点では、主に大企業を中心に利用が広まってます。

また、RPAの発展の仕方のイメージとして三段階考えられます。

第一段階は定型業務の自動化

現在ある定型的な業務を単純に自動化する段階

例:手書きのデータをエクセルに再入力する作業

第二段階は非定形業務の自動化

判断を伴うような定型作業をRPAが過去のデータに基づき学習し独自に判断する。

例:市場分析を行い投資費用対効果を換算し、経営者への意見提言資料を作る作業

第三段階は、高度な自立稼働化

AI(人工知能)を用いて、業務フローから業務改善などを自動化で行う。

例:ある程度、作業手順が定まった業務を効率性や生産性の観点から無駄を見つけ改善すること

 

現在は、まだ第一段階での導入に限られています。

 

なぜなら、まだまだRPAの導入体制やそれを使用する人材が企業内部で育成されていなく、人間の判断をロボットに代行してもらえるほどのリスク管理体制や内部統制がしっかりと整っておりません。

 

対策としては。、RPA導入実績がある大手コンサル会社にそのあたりのふわっとしている部分を委託しております。

 

RPA導入のコスト・費用は、種類によって異なる

金融機関がすでに導入しているRPAの導入コストはいったいくらだと思いますか?

 

これに関しては、種類に応じて3パターンに分類できます。

 

コスト:1000万円以上/年のパターン
サーバー型で複数のRPAロボットを管理し、全社展開をして導入するパターンです。
主に大手金融機関の導入事例に当てはまります。
導入サポートは主に、コンサル会社に委託されプロジェクト管理や内部監査支援が行われます。コンサル費用は規模にもよりますが、平均的に1500万ぐらいです。
コスト:300万円以上~1000万円のパターン
外部ベンダーに、RPAロボット開発を委託する形で、自社にRPAツールを導入する形であります。
運用段階で、自社開発・運用に切り替えることで運用コストを抑えます。
ベンダーといっても子会社の開発部門が行うことが多いです。
コスト:100万円以下のパターン
最近では、RPAのスタートアップが増えており価格競争下にあります。その結果、製品価格が下がっており、いまではお父さんのボーナスを削れば買える値段になっております。
主に中小企業向けに製品展開が行われており、ロボットを自社中心で開発・運用し、何か問題が発生したらベンダーにヘルプを求めます。

まとめ

RPA導入をする企業はこれから爆速的に増えていくでしょう。

 

働き方改革に伴う、作業効率化が叫ばれる中どうしてもデジタルレイバーに頼らなくてはいけません。

 

今は、大手金融機関が先行導入して実証検証している段階ですがすぐに中小企業にもこの波は広がるでしょう。

 

そこで求められる人材は、RPAを使えるだけでなく、開発・運用できることも求められているので今からプログラミングを学んでおく必要があります。

 

今も、あなたが気付かないうちに事務員もプログラミングの教育を受けています。

 

出遅れないためにも、いますぐプログラミングを学びましょう。


詳しくはこちら>>>TechAcademyの無料体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。