[2018年版]まず転職するなら社会人インターンをしろ!意外と知らない転職状況

転職について

実は今、転職業界でもインターンをする会社が増えている!!!

インターンをすることで実際に会社で仕事の体験ができ、インターネットの情報からわからない会社の人の性質であったり働き方をあなた自身で実感できます!

私から言うと、

就職をするときでも転職をするときでもインターンは絶対必須

です!

でも、

  • 社会人インターンて何?
  • そもそも、就業している中インターンをどうやって始めるの?
  • インターンを募集している会社は?
  • インターンはどのくらいの期間をすべき?
  • 面接とかはあるの?
  • インターンしている会社に最終的に入らない場合は気まずい?

と言う質問が多くあったので、順次答えて行きます!

 

Q1.社会人インターンとは???

 

りな
りな

社会人インターンてなんですか?学生時代の就職で聞いたインターンと同じですか???

 

 

 

ハイ!、学生時代のインターンを想像していただければ大丈夫です!

 

ってな感じで、社会人インターンは学生インターンと何も変わりません。

そもそもインターンとは、

「ある人が、自分がきになる企業において一定期間職業体験をすること」

そのため、会社の業務を実際そこで働いている人々と一緒に働くことができます。

業務内容によっては企業の実態だけでなくスキルも身につけられることができるのです!

 

社会人インターンは学生インターンとどう違う?

 

しかし、学生インターンと異なって社会人インターンは、学生の時ではやらせてもらえないような責任感のある仕事をやらせてくれることが多いのでスキル次第ではすぐに雇ってくれる場合があります!

また、報酬形態が違います!

社会人インターンの場合は、時給が発生することがほとんどです!

時給は1000円~がほとんどで、本業で稼動できない平日を避けて土日や主に本業の仕事後にインターンをする設定になっています!

 

Q2.そもそも就業しているのにインターンはいつできるの?

この疑問は先に説明したように、インターンが終業後や土日に設定されているので、本業とかぶることは基本的にはありません。

しかしながら、本業の仕事で疲れ果てながらインターンをするのはかなりきついと思うので、土日のフラットは日でインターンを行う人が多いようです!

 

Q3.インターンはどのくらいの期間すべき?

この質問を答える前に、インターンの期間には以下の3種類があります!

  1. 長期インターン(1ヶ月から数ヶ月間)
  2. 短期インターン(1週間から1ヶ月程度)
  3. 1Dayインターン

期間によって会社がインターンに求めているものが異なるので、その特徴をしっかりと知った上で自分の適性を見て期間を決めましょう。

 

期間別インターンの特徴
  1. 長期インターン

長期インターンの特徴として

社内の業務を実際の社員に近い形で行う(OJT型)

ことです!

従って、企業としてはあなたがうちの業務をやれるスキルを持っているかを判断するケースがほとんどです!実戦スキル・即戦力を求めているので少しでもミスをしてしまって評価を下げてしまうとそれが直接採用に響き渡流可能性が高いです!

もちろん、仕事上わからないこともたくさん出てきますが、それをすぐに自分のものにしてアウトプットできるかを試しています!

つまり、長期インターンでは、志望する企業が求めるスキルが十分に備わっているかを再度確認してから申し込む必要があります!

もちろん異業種転職する場合は、その業界のスキルがほとんどないことが多いので、自分で学ぶか「未経験から募集」という求人に限定す流方が得策かもしれません。

2.短期インターン

この特徴は、OJT形式で仕事を0から学んでいくことがほとんどです!

ですので特別な知識やスキルは入りません。その場で与えられた仕事をしながらどのようなスキルが求めれれるかを把握しましょう!

この場合、企業側は自社とあなたの価値観が合うかどうかを見ています。それと、仕事を0から教えてもものすごく成長の余地があるかどうかのポテンシャル能力を見ています。

興味があれば、どんどん応募して見ましょう!

3,1Dayインターン

この特徴は、企業があなたに会社説明をするだけのものです。

主に、企業は1日をかけて自社の魅力と価値観をあなたに教えて、ミスマッチした人が応募してくるのを防止するのと、新規応募者を増やす目的があります!

 

 

 

 

現在、転職をする前にインターンを行うという人が増えています。

インターンと言うと、企業が学生向けに1日から1週間程度で行っているものをイメージする方がいらっしゃるかもしれませんが、実は学生だけでなく、社会人も対象としたインターンが存在します。

そのようなインターンの多くは、一月以上の長期にわたって、会社の業務に戦力として加わることが多いです。そのため、会社の仕事や雰囲気を実感として感じることができます。

このメリットを活かし、転職前にインターンをすることで、転職をより良いものにしようという人が増えているのです。

この記事では、転職目のインターンのメリット・デメリットやインターン先の探し方を解説していきます。

転職前のインターンのメリット

 

1、転職先の仕事の内容が実感としてわかる

転職する人の中には、現在の仕事の内容や職場環境などを理由に転職する人もいます。こういった人は、転職先も同じような状況だった場合、高確率でまた転職先を探すことになってしまうでしょう。

転職前のインターンはそのような人にとって、仕事の内容や職場環境を実体験してから転職の判断ができ、転職を繰り返すリスクを減らすことができます。

 

2、就職に比べてハードルが低い

転職する人の中には体調の問題などから仕事を続けられなくなって行う人もいるでしょう。

インターンの場合、1日の就業時間や週の出勤回数などを柔軟に変更できることがあります。体調の問題などで、正社員の様に働くのが難しい人には、負荷の少ない形で仕事ができるので、良い選択肢になるかもしれません。

また、問題がなくなった後に、その会社に転職させていただくというのも一つの選択肢になるでしょう。

 

3、時間の融通がきかせやすい

社会人向けのインターンは就労している人でも問題ないように、勤労後の夜間や土日などでも行うことができるインターンもあります。

このようなインターンの場合、現在の職場で働きながら転職先を探すことができます。転職先を探している人だけでなく、転職するかを悩んでいる人にとっても、転職について具体的に考える良いきっかけになるかもしれません。

デメリット

1、社員に比べると給料は低い

インターンは時給1000円程度の場合が多く、正社員と比べるとどうしても時給は安くなってしまいます。

この会社に転職することを決めている場合やお金が早急にできる限り多く必要な場合などには、あまり勧められないかもしれません。ただし、そうで無いなら、転職を繰り返すリスクを減らす意味で、多少給料が低い時期が出たとしても、インターンをすることは大きなメリットがあるでしょう。

 

インターン先の探し方

転職前にインターンをすると決めたら、次はインターンをする会社を探さなければなりません。探し方は大きく分けて2つあります

 

1、インターン紹介サイトで探す

Wantedlyなどの大手のインターン紹介サイトにも社会人向けのインターンは掲載されています。『既卒』というキーワードで検索を行えば、学生だけではなく、社会人でも参加できるインターンの情報を見つけることができるでしょう。

 

2、会社のコーポレートサイトの求人情報から申し込む

会社によっては自社のコーポレートサイトでインターンの募集を行っている場合もあります。

この場合、サイトの案内に従って申し込めばいいでしょう。

また、細かな条件が載っていない場合や、年齢などの条件が載っていない場合、会社側に連絡を行うことで、インターンを行うこともできます。

 

まとめ

転職前のインターンは、転職を成功させるためには1つの有効な手段です。特に転職前の職場や仕事に不満がある人にとっては、同じ環境に陥らないために、非常に重要になるかもしれません。

もちろん、転職を成功するために必須というわけでは無いですが、一つの選択肢として考慮をする価値は十分にあるでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。