[2018年最新版]徹底リサーチ!?マイナビエージェントの特徴と評判まとめ

皆さんこんにちは!未経験からエンジニアに転職して年収1000万円以上達成した転職OLりなです!

転職活動で成功する人に共通することは必ず攻略方法を持っていることです。

攻略方法を知らないで転職活動を続けると転職で失敗するどころか人生まで台無しにしてしまします。

皆さんがそうならないために、私が実際に体験してきた転職活動を赤裸々に告白し失敗例/成功例をもとに年収を大幅にあげるノウハウを戦略的に紹介していきます!

 

 

 

そこで、今回は転職活動に欠かせない転職エージェントである「マイナビエージェント」を強み・弱み〜実際の使い方まで徹底解説します。

 

Q1.マイナビエージェントとは?

マイナビエージェントとは、大手人材会社「マイナビ」運営する人材紹介サービスです。

このサービスはなんと、20代に信頼されている転職エージェントNo.1に輝いています。

 

圧倒的な情報網

さすが大手といったところで、マイナビエージェントの専属キャリアアドバイザーは業界の知識が豊富かつ、その人自身も元その業界で精通しています

したがって、あなたの悩みをキャリアアドバイザーの実体験ベースで答えてくれるので納得感があります。本やインターネットの情報からわからない裏側を知ることができるのです。

転職活動の手厚いサポート

このエージェントの特徴である充実したサポート体制です。

私もそうでしたが、転職する活動を始めた時に必ずぶつかる壁、それは応募書類です。

学生に就職活動と違って「サークルの代表を勤めてサークル部員を2倍に増やしました!!!」「カンボジアに学校立てました」なんていうESは通用しません。

じゃあどうやって書けばいいのか、書いても実際これで面接までいけるのか不安って方にマイナビエージェントは以下のサービスを提供しています。(転職活動における書類通過率は2割と言われている)

  1. 応募書類の添削
  2. 面接対策

応募書類の添削をしてくれるので、自分の文章のどこがダメなのかを客観的に把握できるだけでなく、キャリアアドバイザーから自身がわかっていない強みも見つけてくれることもあります。

それだけでなく、面接対策もしてくれるのでトータルにサポートしてくれることがわかりますよね。

マイナビエージェントの強み

マイナビエージェントの強みは、何と言っても

非公開/独占求人の多さで、マイナビエージェントの求人情報のうち8割もがそれです。

実は年収を上げるには非公開求人が重要な役割を担ってきます。

なぜなら、非公開求人は企業側がエージェントに募集する人材を明確に定義しており企業のニーズに沿った人材でなければエージェントが紹介できないことになっているのです。

つまり、誰でも応募できるのではなく企業が求めているスキルや能力がなければエージェントから紹介を却下されるのです。そのため、スキルが必須となり転職の際にそれが評価されるので年収UPに繋がりやすいのです。

逆に言えば、エージェントが人材のフィルターをかけているので紹介されれば自分とあっている企業の可能性が高いこともわかります。

闇雲に企業を探すよりはプロの人に適性を見てもらった方が絶対にいいです。

私は、闇雲に探して時間だけ消費してきました。あれもこれも調べている時間がざっと100時間ぐらいに登りました。でも、結局はそこから一社も応募していません。めっちゃ無駄でした。

紹介できる業種

 

参考URL:https://mynavi-agent.jp/service/about_mynavi_agent.html

 

紹介できる企業の特徴として、幅広い業界がありますが特徴としてIT系メーカー系が多いことがわかります。

IT系としては、NTTdata、DeNA、accentureといった有名企業がありどれも年収1000万を越えることができます。

メーカ系としては、本田、いすず(Isuzu〜のトラック♫で有名)などがありこれも800万以上は狙えます。

私も実は、IT系の大手に最初は就職していました。しかし、コンサルタントしてキャリアを積む前にエンジニアとして現場を踏みたかったので転職を決意しました。(←キャリアアドバイザーに自分のニーズを引き出してもらった結果です)

転職した結果、年収は750万円→1100万円に上昇しました!

また、マイナビエージェントは年収20%UPを押しています。

私に適用した場合、750万から900万円に上がりますが実際はもっと上になっています。

これは、ある戦略を行ったからです。

その紹介は、別の記事で書きますので楽しみにしててください。

Q2.マイナビエージェントの使い方

マイナビエージェントは以下の流れでサービスが進んで聞きます。

 

1.お申し込み

申し込み時間は3分で済みます。

入力項目は、プロフィール・最終学歴・職務学歴・希望条件です。

職務学歴は、すでに自身が持っている履歴書を電子化してupする方法と以下のフォームに入力する形のどちらかを選択できます。

 

 

2.面談の案内

ご自身で入力した内容をもとに面談日程を決めるためのメールまたは電話がきます。

3.面談と求人紹介

カウンセリングの時間は1-2時間程度。

場所は、東京オフィス・名古屋オフィス・大阪オフィス・福岡オフィス
※電話でのカウンセリングも行ってますが、対面での方がオススメです。

持ち物は、履歴書・職務経歴書(面談時に添削してくれる)

 

4.応募/面接対策

あなたの情報をもとに、会社を紹介し実際にそこに応募したり面接を対策をします。

 

5.内定/入社

内定・入社が決定した後の必要な交渉も、マイナビエージェントが代行してくれます。
言い出しずらい退職時の日程や仕事の引き継ぎの仕方などもトータルでサポートしてくれます。

 

6.アフターフォロー

転職後まで、仕事の悩みなどを聞いてくれます。

職場が変わることでストレスがたまるので、対話をすることでストレス解消ができます。

 

詳しくはこちらから>>>マイナビエージェント

Q3.マイナビエージェントの口コミ/評判

取り合ってもくれないエージェントもあったが、マイナビさんはできる限りの求人を紹介してくれてとても助かった。

連絡も速く、安心して転職に臨めたこともよかった。

 

リクルート、JAC、マイナビの3社を利用しましたが、一番自分にあった求人を用意してくれたのはマイナビでした。

リクルートも同じくらい多くの求人を用意してくれましたが、自分にはいまいちピントこず….

最終的には、マイナビのコンサルタントにおすすめされた福利厚生のしっかりした隠れ優良企業に転職しました。

あとJACは私が大手志望でないからなのか反応が悪く、あまり求人をもらえませんでした。

 

あまり自分が転職エージェントのコンサルの方に本音を言えなかったのも一因かもしれませんが。ただ、自分の転職市場におけるキャリアの価値や、将来の仕事の方向性などを考える場合にはなるほどと思うこともあり参考になりました。

 

これはほんの一例なので、私体験したかぎりのマイナビエージェントのメリット・デメリットはこんな感じ

<メリット>

丁寧なサポート

非公開求人

<デメリット>

キャリアアドバイザーがハズレな時はひどい対応がされる

紹介できる企業がないと言われる可能性もある(先に述べたとおり非公開求人なので駅制がなければ紹介はされない)

Q4.こんな方にオススメ

私の体験をもとに考えると、

自身のスキルを生かしてさらなるキャリアを積みたい人>>>非公開求人で生かされる

転職活動を始めたばかりの初心者>>>履歴書・職務経歴書の添削など手厚いサポートから転職の基礎を学ぶ

 

まとめ

いかがでしたか?

マイナビエージェントは非公開求人を強みとしているのでそれに興味がある人はオススメです。

また、手厚いサポートがついているので、転職活動を始める第一歩として踏み出すのに最適です。